不動産仲介手数料ってどこ同じなの?

MENU

見落としがちな不動産売却仲介手数料

不動産売却では不動産会社が仲介を行う場合がしばしばあります。不動産会社が売買の仲介を行った場合は仲介手数料が発生しますが、これにはいくつか注意しなければならないことがあります。

 

まず注意すべき点は、不動産売却の際の仲介手数料は宅地建物取引業法により上限が定められているという点です。不動産会社が受け取れる仲介手数料は、所得税の総合課税部分の納付額を計算するような要領で、不動産の売買代金を金額区分ごとに分解して各金額区分ごとに所定の割合を乗じた金額を求め、これらを全て合算したものに消費税分を上乗せした金額が上限となっています。

 

もし、不動産会社が上限を超えた金額を手数料として受け取った場合は法律に違反することになります。そのため、不動産会社から上限を超えた手数料が提示された場合は、なぜ超過するのかや、超過分は何にあてる費用なのかなどについて説明を求めるべきです。

 

また、不動産売却時の仲介手数料は、契約が成立した段階で初めて発生します。契約成立前に代金を請求されても支払う必要はありません。もし、代金を請求された場合は請求理由について説明するよう求めるべきです。

 

不動産売却時においてトラブルが発生した場合は必ず不動産会社に説明を求め、担当者の説明が不十分だったり、対応が不誠実だった場合は二度とその不動産会社に仲介を依頼しないようにすべきでしょう。