出来るだけ高く不動産を売りたい時に大切なこと

MENU

一戸建て売却に必要な書類

住んでいるだけでは、自分の家とは言えません。不動産売却を売却するには、必要な書類が揃ってないといけません。

 

売主に関するもの、建物に関するもの、権利に関するもの大きく分けてこの三つです。

 

一戸建ての売買は、買主にとって大きな買物となる為、可能な限り正確な書類を求められます。具体的な、不動産売却査定の必要書類は・・・。

 

身分証明書・・・これは本人確認の為必須書類となります。
印鑑証明書・・・3か月以内のものを用意します。
登記済権利書・・・これは売却物件の内容確認や登記する時に必要です。

 

登記上の住所と売主の現住所が異なる場合は、3か月以内の住民票が必要になります。
固定資産税納税通知書、固定資産税評価証明書は、固定資産税や都市計画税など、税額の確認の為に必要です。

 

その他に任意ですがあった方が良い書類として、ローン残高証明書が売主が住宅ローンを返済中の場合必要となります。

 

また、実家売却時などに、もめごとの多い、境界線についての、土地測量図と境界確認書を売却範囲の確認の為に必要になる場合があります。

 

建築確認済証や建築設計図書も対象の物件が建築基準法に適合しているか、どのように設計・工事されたかの確認の為あった方が無難です。また、耐震診断等を行っている場合、耐震診断報告書も用意します。これらの他に地盤調査報告書、住宅性能評価書、既存住宅性能評価書などがあります。

 

また、買主が見つかり実際の売買契約の際は重要事項説明書の読み合わせを行うためこちらも必要になりますがこれは不動産会社で用意する場合がほとんどです。以上が不動産売却時必要書類となります。