出来るだけ高く不動産を売りたい時に大切なこと

MENU

専任媒介契約のメリットデメリット

不動産売却を考えたら、不動産会社に買い手の募集を依頼します。

 

買い手が現れて契約するときは、不動産会社に仲介を依頼して仲介料を支払いますが、買い手の募集と契約の仲介を依頼することを媒介契約といいます。

 

媒介契約には一般媒介契約と専任媒介契約があり、一般媒介契約は複数の不動産会社と自由に交わすことができますが、専任媒介契約を結ぶと、他の不動産会社に媒介を依頼することはできません。

 

不動産売却の中で、買い手の募集と契約の仲介は最も重要な部分で、それだけに費用も、取引価格の3%程度、もともと不動産取引は高額なので仲介料は100万円を超えることも少なくありません。一般媒介契約でも専任媒介契約でも、成約に至った場合に限って仲介料を支払い、その金額も同じです。

 

一般で依頼しても、成約すれば同じ手数料を払うので、売り手からする雨と、競争によって成果を出してくれることが期待できますが、専任で依頼した場合は、2週間に一度、営業状況の報告が義務付けられており、また一般では最終的に他で成約したら営業活動が無駄になってしまう可能性がありますが、専任では成約は自社でのみ行うので、より熱心な営業活動が期待できます。

 

不動産売却で、価格の決定から取引の過程の相談相手まで、専任媒介契約は人間的にも信頼できると感じたら検討してみましょう。またこの契約には期間の定めがあり、期間が過ぎたら次は一般でということも可能です。