出来るだけ高く不動産を売りたい時に大切なこと

MENU

土地売却の流れ

不動産売却のうち、土地を売却する場合の大まかな流れはどのようになっているのでしょうか。

 

不動産会社に仲介を依頼して土地を売却する場合、まず不動産会社に査定を依頼します。査定の方法には提供を受けたデータをもとに算定する簡易査定と、担当者が訪問して調査した上で正確な見積もりを算定する訪問査定があります。どちらの方法を選んだにせよ、査定方法は不動産会社により異なる事が多いため、複数社に査定を依頼して仲介の依頼先を決定すると良いです。

 

不動産売却を決断し、仲介を依頼する不動産会社を決定したら、不動産売却の仲介を依頼する「媒介契約」を結びます。その後、不動産会社は様々な媒体で広告活動を行って買い手を募り、土地の持ち主は不動産会社から経過報告を受けながら買い手が現れるのを待ちます。

 

買い手が現れた場合は、不動産会社は売り主側の希望を聞いた上で、買い手と購入価格、代金の支払い方法、土地の引渡し日などについて交渉を行います。売り主と買い手の双方が価格面や条件面をはじめとする重要事項について合意に達したら売買契約をかわし、買い手は売り主に手付金などの費用を支払い、売り主は不動産会社に仲介手数料の半分を支払います。

 

これ以後は売買契約書の記載内容にのっとった形で進んでいきます。売り主と買い手は双方ともに引渡し日までに必要な準備を全て完了させなくてはなりません。そして、引渡し日に、売買代金や仲介手数料の残りなど、残っている費用の支払いを全て完了させ、買い手への所有権の移転登記も行って、売買取引が完了となります。