出来るだけ高く不動産を売りたい時に大切なこと

MENU

不動産売却の高額査定のコツは管理状態

不動産は人生の買い物の中で、最も高額の物件です。

 

高額ゆえに、購入も人生の中で一度経験するするか、しないか大きな出来事ですが、不動産売却となりますと、誰もが経験する出来事ではない、大イベントです。

 

そのような不動産売却ですので、入念に準備をしないと、売却しなければならない状況に追い込まれて、高額査定を得られるどころが、買いたたかれる事態になります。

 

不動産を売却しなければならなくなる例は、不動産を購入する為に、現在の住まいである不動産売却と相続があります。不動産購入の為の例は、まだ事前に準備が出来ますが、相続は売り急がなければならない事情があります。それというのも相続が発生した場合には、亡くなった時から10か月以内に相続税を支払う義務が生じます。

 

悲しみがまだ消えないこの僅かの間に、相続税を現金で支払うことが出来ればまだしも、不動産売却で相続税を支払わなければならないのです。

 

平成27年度からは相続税の基礎控除が下がりますので、一気に相続税の支払い対象が増えることが予想されます。

 

この様な状況において、不動産取引の知識と経験の無い素人が高額査定で不動産を売却する為には、パートナと言えるべき良心的な不動産会社の選択と、買主が欲しがるような物件であることが必要です。
買主が欲しがるような物件とは、整理・整頓がされていて、明るい物件で、今にも住みたくなるような管理状態が行き届いた物件です。

 

 

"