不動産売却にかかる期間

MENU

不動産売却にかかる期間

不動産を購入するときは、価格や取引の相手、引き渡し時期などがはっきりと決まっていますが、不動産売却では、売り出し価格を自分で決めて、買い手が現れるのを待つ必要があります。そのため不動産売却から資金化までの期間は正確な見通しが困難です。

 

他の不動産に買い換えたり、その他の理由で資金調達の期限が決まっている場合は、売り出し価格を低くすると、成約の可能性が高くなり、売却までの期間も短くなります。 また、不動産売却には、一般に買い手を募集する方法と、買取業者に買取を依頼する方法があります。

 

買取り業者は、買い取った物件にリフォームや大規模リノベーションなどの付加価値を付けて販売するため、仕入れ価格にあたる、所有者からの買取価格は一般市場で取引される価格より低くなる傾向があります。 買取り業者の査定額も聞いてみて、査定額と一般市場の相場での価格差が大きくなかったり、納得したら、買取り業者を利用すれば最も確実に迅速に取引が終わり、売却代金を手元にすることができます。

 

逆に、いつまでにお金が必要ということではなく、価格面で納得するまで期間をかけてもいいならば、希望する売り出し価格で募集をして、買い手が現れるまで待つと言うのも一つの方法です。