出来るだけ高く不動産を売りたい時に大切なこと

MENU

不動産売却時のトラブル

利益を得るのが企業の使命である以上、不動産トラブルは絶えることが無いテーマです。また、個人の売買するもの中では、他のモノとは、比べも似にならない大きな金額が動きますので、売却時には、細心の注意が必要です。

 

多くの企業は社提や経営理念で顧客に誠実にといっておりますが、販売担当者の耳には届いていないようです。不動産会社の販売員は歩合制の給料体制をとっています。契約が取れないと給料がもらえないという事情があります。

 

この為、販売員は売る為に、デメリットをいいたがりません、ともすれば嘘をつく販売員もいます。まして、不動産売却は物件が高額ゆえに、当たり前・正直な商法では中々売れるものではないのです。どんなことをしてでもというような、強引な売り込みに負けてしまい、トラブルに発展するケースがあります。

 

不動産売却においては、まず業者を疑ってください。

 

誰もがしる大手の名前と似ているので、大手企業の関連企業かと思っていたら、全く関係のない会社の例が、この業界にはあります。

 

性善説を良しとする日本人からは苦手とするところでありますが、不動産売却等の高額な取引とは本来そのようなものであることを認識する必要があります。

 

消費者がトラブルにあうことなく、泣き寝入りを防ぐ為には、どうすれば良いのでしょうか、こんな時に利用したいのが、国土交通省が開設した[不動産取引トラブル事例データベース]と、相談機関の利用です。データーベースを利用することで、危ない取引を事前に回避することが出来ます。

 

"