親の家・実家を少しでも高く買ってもらう方法

MENU

実家の売却を考えたら・・・。

 

景気が少し、持ち直して、やっとデフレ基調からは脱却して、一部の土地では、値上がりしてきていますが、それは、全体のホンノ一部の都会の土地の話。大きな前提条件として、日本では、どんどん少子化が進んでいます。親が住んでいる家は、どうでしょうか?借り手が直ぐにつくような立地条件でしょうか?

 

立地条件によっては、不動産運用をして、運用益を得ると言う、大家業をはじめることも出来ますが、なかなか、素人が手を出すことは、簡単ではありません。不動産は、人が住まなくなると、急激に痛みます。固定資産税はもとより、現状を保つだけでも、最低限の修繕費が必要となります。住まなくなったのであれば、愛着ある家といえども、早く見切りをつけて売却してしまうのが得策です。

 

親が介護施設で暮らすことになり、実家を売却して、施設の頭金の一部にしたい。

誰も住んでいない、税金も固定費もばかにならないので、売却したい方。

愛着のある、実家だが広すぎて、親が部屋を持て余している・・・。

親が、交通機関の便利の良い場所への住み替えを考えている。